きっかけは無いが漢字検定。

漢字検定準一級に向けてお勉強中。出題範囲より、頻出漢字の読み・意味などを記載しています。時々日記も。

準1級-四字熟語-6

● 甜言蜜語
● 行住坐臥
● 一虚一盈
● 斬新奇抜
紫電一閃
 

**********************************
 

甜言蜜語
読み:てんげんみつご
意味:人を誘惑する甘い言葉。魅力的なおいしい話。
※甜
[音]テン
[訓]
甘い。うまい。「甜瓜 (てんか)」「甜菜(てんさい)」

行住坐臥
読み:ぎょうじゅうざが
意味:普段の生活で行う基本的な動作。転じて、普段、常日頃という意味。
(「行」は歩くこと。「住」はとどまること。「坐」は座ること。「臥」は寝ること。)

一虚一盈
読み:いっきょいちえい
意味:一定の形を保たず、消えたり現れたり常に変化して予測しにくいことの例え。
(あるいはむなしく、あるいは満ちる、の意。)
※盈
[音]エイ
[訓]みちる、みたす
いっぱいになる。みちる。「盈虚(えいきょ)」「盈満(えいまん)」

斬新奇抜
読み:ざんしんきばつ
意味:物事の思い付きが新しく、独特なこと。

紫電一閃
読み:しでんいっせん
意味:刀剣が稲妻のように一瞬きらりときらめくことから、極めて短い時間のこと。
また、少しの時間で変化すること。
紫電:紫色の電光。転じて、鋭い眼光や刃物の光のこと。
・一閃:ぴかりと光ること。
 
広告を非表示にする

準1級-四字熟語-5

● 河山帯礪
和光同塵
永劫回帰
● 玩物喪志
● 古色蒼然

**********************************

河山帯礪
読み:かざんたいれい
意味:永久に変わらない堅い誓約のこと。
黄河が帯のように細くなるようなことがあったとしても、泰山がすりへって砥石のように平たくなるようなことがあったとしても、永久に変わることはないという意から。)
※礪
[音]レイ
[訓]あらと、と ぐ、みが く
1.といし。あらと。
2.刃物などをとぐ。

和光同塵
読み:わこうどうじん
意味:自分の学問や才能を包み隠して俗世間に交わること。
(光を和らげて、ちりに交わるの意。仏が本来の威光を和らげて、塵に汚れたこの世に身を表し、衆生を救うこと。)

永劫回帰
読み:えいごうかいき
意味:ニーチェの根本思想。人の生は、宇宙の円環運動と同じように永遠に繰り返す。
※劫
[音]コウ、ゴウ
[訓]-
きわめて長い時間。(仏教用語) 「永劫(えいごう)」「劫火(ごうか)」

玩物喪志
読み:がんぶつそうし
意味:真に学ぶべきことや学問の本質を見失うこと。(無用なものを過度に愛玩して、本来の志を見失ってしまう。)
また、自分の好みで珍しいものなどを過度に愛玩して正しい心を失うこと。
※玩
[音]ガン
[訓]もてあそぶ
1.おもちゃにする。「玩具(がんぐ)」「愛玩(あいがん)」「玩弄(がんろう)」
2.物事の趣を味わう。「玩味(がんみ)」「賞玩(しょうがん)」

古色蒼然
読み:こしょくそうぜん
意味:ひどく古びたさま。いかにも古めかしい。また、古めかしく趣のあるさま。
・蒼然:古びた色。薄暗い様子。
広告を非表示にする

名前

NHKの「日本人のおなまえっ!」という番組、たまに見てます。
いろんな苗字の由来を掘り下げて調べる内容です。
私が見た会は、確か、山口さん。
ご想像の通り、山の入り口あたりに住んでいた人々が発祥だそうです。
いつか自分の名前も取り上げてくれるかなぁとうっすら期待しています。

ちなみに私の氏名は全23画。
ほぼ小学校で習うような簡単な漢字です。
小さい頃は珍しい名前や難解な漢字への憧れもありましたが、
今は簡単な字で良かったとつくづく思います。
 
考え方が変わったのは大学生時代。テスト、課題、そして履歴書。
真っ先に書く大事なものだけど、こう何度も書かされるとめんどくさくてたまらない。
ほんと簡単で良かったよ…
父さん母さんシンプルを追及してくれてセンキュー

名前といえば、つい先日 今更ながら『君の名は。』を観に行ってきました。
いまだに上映してるのが都内でも残り5か所のみ、というギリギリのタイミングで。
しかも、たまたまなんですけど「大合唱上映会」イベントの会でしたw
歌ってOK、声だしOK、コスプレ大歓迎。
やはりこの会に来ているお客さんは、20回見たよーなんて熱烈な方々。
中には、50回以上見たという強者もいらっしゃいました。
コスプレしている方はあまりいなかったかな。
「おはよー!」とか「早く手に名前書いてー!」とか合いの手いれるんです。普通に笑っちゃいました。
それと皆で挿入歌を合唱。
 
そのような状況で見ていた訳ですが、肝心の映画の内容、おもしろかった!(←こんな感想ももはや今更ですが)
いつの間にかハンカチ握りしめてましたよ。
「瀧」くんて苗字だと思ってたくらい、全然興味なかったんですけど、これは劇場で見て良かった。大合唱も聴けたし(笑)なんか、ジーンときました。
 
愛されてる映画なんだなと感じました。
 
名前。だいじ。
広告を非表示にする