きっかけは無いが漢字検定。

漢字検定準一級に向けてお勉強中。出題範囲より、頻出漢字の読み・意味などを記載しています。時々日記も。

準1級-四字熟語-8

● 荊妻豚児
● 清濁併吞
● 積善余慶
● 陶犬瓦鶏
● 桃李満門


**********************************


荊妻豚児
読み:けいさいとんじ
意味:自分の妻や子のことを卑下していう言葉。


[音]ケイ
[訓]いばら
・とげのある木の総称。いばら。
・自分の妻の謙称。「荊妻」「荊婦」


清濁併吞
読み:せいだくへいどん
意味:善も悪も全て受け入れること。人としての器が大きく、どんなことでも受け入れる。

・清濁:清らかなものと濁っているもの。善と悪。賢者と愚者。
・併呑:あわせのむこと。


積善余慶
読み:せきぜんのよけい
意味:善い行いを何度も行った家は、子孫にもその恩恵があるということ。

・積善:善い行いを積み重ねること。
・余慶:先祖が良いことをした報いとして、子孫に来る吉事。


陶犬瓦鶏
読み:とうけんがけい
意味:焼き物の犬と、瓦でつくった鶏。形だけで役に立たないもの。

 

桃李満門
読み:とうりまんもん
意味:優れた人材が数多く集まること。味の良い桃やすももが門に満ち溢れるという意から。

広告を非表示にする

準1級-四字熟語-7

● 赤手空拳
● 博聞彊識
● 前虎後狼
多岐亡羊
道聴塗説


**********************************


赤手空拳
読み:せきしゅくうけん
意味:手には何の武器も持たず、立ち向かうこと。また、何の助けも借りずに、独力で物事を行うこと。

・赤手:手に何も持っていないこと。素手。
・空拳:武器などを何も持たずに、頼みは自分の手だけである様。素手。


博聞彊識
読み:はくぶんきょうしき
意味:様々なことを聞き知っていて、その内容をしっかりと覚えていること。

・博聞:様々なことを聞き知っていること。
・彊識:しっかりと覚えていること。


[音]キョウ
[訓]し いる、つよ い、つと める
・無理にさせる。強制する。
・つよい。丈夫。
・がんばる。


前虎後狼
読み:ぜんここうろう
意味:災難などの辛いことが次から次へと起こること。
(「前門の虎、後門の狼」)


多岐亡羊
読み:たきぼうよう
意味:枝道が多いため、逃げた羊を見失うように、どれを選んだらよいのか思案にあまることのたとえ。また、学問の道が多方面に分かれすぎると真理を求めにくくなること。

 

道聴塗説
読み:どうちょうとせつ
意味:道で聞いたことをすぐ話すこと。また、すぐ受け売りすること。
   転じて、いい加減な世間の受け売り話。

広告を非表示にする

準1級-四字熟語-6

● 甜言蜜語
● 行住坐臥
● 一虚一盈
● 斬新奇抜
紫電一閃
 

**********************************
 

甜言蜜語
読み:てんげんみつご
意味:人を誘惑する甘い言葉。魅力的なおいしい話。
※甜
[音]テン
[訓]
甘い。うまい。「甜瓜 (てんか)」「甜菜(てんさい)」

行住坐臥
読み:ぎょうじゅうざが
意味:普段の生活で行う基本的な動作。転じて、普段、常日頃という意味。
(「行」は歩くこと。「住」はとどまること。「坐」は座ること。「臥」は寝ること。)

一虚一盈
読み:いっきょいちえい
意味:一定の形を保たず、消えたり現れたり常に変化して予測しにくいことの例え。
(あるいはむなしく、あるいは満ちる、の意。)
※盈
[音]エイ
[訓]みちる、みたす
いっぱいになる。みちる。「盈虚(えいきょ)」「盈満(えいまん)」

斬新奇抜
読み:ざんしんきばつ
意味:物事の思い付きが新しく、独特なこと。

紫電一閃
読み:しでんいっせん
意味:刀剣が稲妻のように一瞬きらりときらめくことから、極めて短い時間のこと。
また、少しの時間で変化すること。
紫電:紫色の電光。転じて、鋭い眼光や刃物の光のこと。
・一閃:ぴかりと光ること。
 
広告を非表示にする