きっかけは無いが漢字検定。

漢字検定準一級に向けてお勉強中。出題範囲より、頻出漢字の読み・意味などを記載しています。

準1級-読み(9)

赫赫

読み:かくかく、かっかく

意味:1.赤赤と照り輝くさま。

2.功名・声望などがりっぱで目立つさま。

[音]カク

[訓]かがや

 

 

鼎談

読み:ていだん

意味:三人が向かい合いで話をすること。その話。

鼎=1. 三者が向かいあった形。「鼎立・鼎坐(ていざ)・鼎談」

2. 金属製の一種のなべ。三本足で両わきに耳がある。 

[音]テイ

[訓]かなえ

 

 

廟堂

読み:びょうどう

意味:1.祖先や先人の霊を祭る所。おたまや。みたまや。

2.天下の政治をつかさどるところ。朝廷。

廟=1 先祖を祭る建物。みたまや。「廟所・祖廟・宗廟・霊廟」

2 ほこら。「神廟」

3 王宮の正殿。朝廷。「廟議」

[音]ビョウ

[訓]たまやみたまや

 

 

一瞥

読み:いちべつ

意味:ちょっとみること。ちらっと見ること。

瞥=ちらりと見る。「瞥見・一瞥」

[音]ベツ

[訓]-

 

 

豊稔

読み:ほうじん

意味:作物が豊かにみのること。

稔=1. 穀物がよくできる。みのる。「豊稔」 2. 植物が生殖する。

[音]ネン、ジン

[訓]みの

広告を非表示にする